漫画家きむらひろきのブログ

大公開日誌

5年経って

もう数日すると、あれから5年が経つんだなあと思った。
この5年間で、自分は何か出来たかなあ、変わったかなあ、と考えて、
毎日を黙々と生きていると、歩みはゆっくりなので
何も変わってないような気がしてしまうんだけど、
よく考えてみるともの凄く変化に富んだ5年間だったことに気付いたり。
地震とは関係の無いところ(場合によっては関係したのかも知れないけど)で、
いくつかの大切な、命とか仕事とかを亡くしたり、
でも一方で新しい様々な物が産まれたり。生み出そうと試みたり。
最近すっかり自分の中で、することが定番化した、同人誌とかイベントの参加とかも、
すべてこの5年の間に始めたことで、
それによって様々な繋がりや気持ちが生まれて、
そこから成り立った仕事もあったり。

地震の時、自分や身近な知人は、目に見える大きな被害は被らなかったけど、
あれだけ沢山の命がはぎ取られて、
恐ろしい光景が電波に乗って、
黒く悶々とした言葉や感情がぐるぐる渦を巻いたことで、
この国は誰もがズタズタに傷ついたように思う。

5年前の地震の後、我が家は連鎖的に仕事や愛猫の命を立て続きに亡くして、
最初にしたことは、福島への旅行だった。
なにか乱暴な言い方だけど、半ば自分の中でやけくそになってて、
一番傷ついた場所へ旅行に行ってお金を使ってこよう、
みたいな事をなんとなく考えたように思う。

その勢いで、色んなことにやけくそになって、色んなものを始めた。
絵柄を思い切って変えたり、偏見を持って嫌ってた同人誌イベントに参加したり。
価値観が音を立てて変わった気もするし、その根っこには、
幸せに生きよう、
幸せに生きるのが私たちの仕事だ、
せっかく生き残ったのだから。
そんな感情が渦巻いて、それ故の行動だった。
そうすることが、あの日はぎ取られた沢山の命に対する、使命の様な気がした。

5年の間に、病気もしたし、色々体力も落ちてきて、
時間が流れて年をとったんだなあと思うけれど、
今はすごく、死ぬのが惜しい。
やりたいことがいっぱい出来て、別れたくない命が沢山出来て、
それだけ今は幸せに生きてるからだと思う。
この5年でそれだけのことが変わったのだ。
いや、自ら変えたんだ。
人間は誰だってこういうことが、ちゃんと出来るのだ。
スポンサーサイト
  1. 2016年03月04日 09:48 |
  2. 日記