漫画家きむらひろきのブログ

大公開日誌

「ぜんぶ手で描くペン画集」入れ替え没作品

5/5に東京ビッグサイトで開催されるコミティア116に参加を予定してまして
(スペースNo.J59b)
「ぜんぶ手で描くペン画集 改訂版」を新刊頒布する予定です。今作ってます。
昨日書き下ろし一枚終わって、あとは表紙の絵。
学校の新学期始まる前に終わらせたいなあ、せめて下絵だけでも完成させたいなあ…

改訂版と言うことで、内容(絵)は、オール新作、ではなく、一部入れ替えとなります。
元の「ぜんぶ手で描くペン画集」は2013年発行なので、その間に展覧会用に描いた絵とか。書き下ろしは中に1点と表紙絵(表裏)です。

で、入れ替えと言うことは、新しく入る絵の代わりに没になる絵もあるわけで…
没絵(というと身も蓋もない感じですが)は4点です。
本日、入れ替えになる物で、まだネットに上げていなかった絵をpixivに投稿しました。なので、その4点をちょっと並べてご紹介。
「なんで没にしたか」を、歯に衣着せずにバッサバッサ切ってみようと思います。
…自分の絵なのにねえ(どんなプレイだ)



「ギリギリと大砲天使」(2007年)
歩展出品作。多分、初めてペン画を展覧会に出した物だと思います。
展覧会に「漫画の絵」を出す事に、ずっと引け目というか違和感みたいな物を感じていて、その帳尻を合わせる感じでギリギリをモチーフに選んだんじゃないかと思うんですよ。「これならあまり漫画っぽく無いんじゃないか」みたいな。
その意識も今となると、どうかと思うんですが…もっと「漫画」なことに誇りを持てよ自分、とか。
(話逸れた)まあモチーフの選び方云々はともかく、それにしたって練り込みが足りないというか…なんとなく描いちゃった絵。そこが一番気に食わない。今見返すと。
大砲天使、という謎キャラの存在は良いです。でも踏み込み不足。こいつ何がしたいのか、その抱えてる砲弾何なのか、もっと踏み込んで描けるでしょ。
それからギリギリが立ってる地面。草花の芽みたいに機械のパーツが…って発想は良い。でも描き方中途半端。
主張を描くなら、もっとしっかり描けやコラ。



「覗き見」(2012年)
これも歩展に描いた物。原寸がA4サイズだったので印刷の時はフチに黒枠を付けました。
モチーフは好きです。布団から女の人の脚がちゃんと見えてた方がえろくて良かったな、と今は思うけど。やっぱり何事も中途半端は良くない。
モチーフは好きだけど、線質が細すぎてこまかすぎて、メリハリが足らなくて、今は好きじゃ無い…好きじゃ無いというか、まだ辿り着いてない。だからまあ、仕方が無いと言えば無いんですけど。
色々迷って探してる最中だったから、ああ迷子の時の線だな~、みたいな感じ。
ちょうど時期的に「つくものばなし」の連載中辺りかなあ、と思うけど、あの漫画も、ああいう絵で描き始めてみたものの、それでもやっぱり「違うな、目指してるのとこれ、やっぱ違うな」みたいな迷子期間で。
連載終わってからようやく見えたんですよね。それらしい物が。
漫画に描いたことないけど、このキャラクターは「酔(スイ)」という鬼です。漫画描きたいんだけどね。
(※pixivの総合オリジナルランキングで287位になったそうです。だいぶ前の話だと思うけど)



「蜘蛛と瓢箪鬼女」(2013年)
本の為に書き下ろした絵です。
えーと、白い(笑)
手抜き感がありありと出ている。
ベタと白のバランスが悪い。
瓢箪に棲む鬼女(と言う設定なんですが)なら、もうちょっと瓢箪をいじれば良かった。蜘蛛も蜘蛛で、もっと絡み方考えるべきだった。なんかとことん「並べただけ」だな~。
力関係が伝わらない絵なんですよ、蜘蛛と鬼女の。
ならいっそ、そういうの無視できるほど迫力の書き込みがあればまだ良いけど、それも足らないんですよ全く。
だから手抜き感感じるのねー。



「BlueJungle」(2013年)
これも本の為の書き下ろし。
同人誌で漫画を描いてる「BlueJungle」のイラスト。これはまだ、漫画がスタートする前に描いたと見ました。
これはもう…全体的にタッチ入れ過ぎ。
メリもハリもない。構図は個人的に好き。地味だと思うけど。後ろ姿は元々好きなのです。
だから、あーあ勿体なかったなあ、と思うのかも知れない。
この絵は、描き終わった時に既に「ああ失敗作だ」と思えて、でもさすがに書き直す時間も気力も無くて。悪いお手本になれば良いか、と思った所もあります。
ペン画は、気を抜いてボーッと描いてると(どんどん線を入れてしまって)こういう絵になってしまう。自分は。
最近、あんまり音楽を聴きながら絵を描けなくなってるんですが、描きながら何か考えてる事が多くなっているから、かも。
基本、ペン画の絵は展示をしても耐えられるように、ホワイト修正をしない、ことを前提に描いてるので
(一部例外はあります)
引き算は出来ないんですよね。
足したら引けない。その駆け引きみたいなのが絵を描く上で、スリリングで面白いと言っちゃ面白いんですが。難しいな、と思います。



自分の絵なので、遠慮会釈なしに文句を並べましたが、作品のひとつひとつに評価やブクマなどで、良い感想を持って下さっている方がいらっしゃる事を、無下にしている訳ではありません。
恐縮です。ありがとうございます。
作品は、見て頂いた人と、描いた作者と、そのどちらにも個別の価値観が出来、それはそれぞれ不可侵なもので在るべきだと思います。なので、言いたいように言いました。
次はもっと良い物を。
スポンサーサイト
  1. 2016年04月02日 10:41 |
  2. イラスト・ラクガキ