漫画家きむらひろきのブログ

大公開日誌

桜花のペン画

毎年桜の季節になると無性にソワソワします。
桜が俺を呼んでいる。ということで、例年通り、今年も靖国に行って桜を見てきたんですが。
お天気を優先して出かけたら、ちょっと満開にははやくて。なので今年は桜花より、機関車の部品を眺めてニヤニヤしたり、おみくじを引いて(今年の初詣がまだだったんです…)大吉だったり、広島焼きとビールが美味かったり、普段は買わないお土産を買ったりの方で、満喫して参りました。
だったので桜は、地元の近所の桜並木で満開を楽しみました。

したら道端に、折れてる桜の枝が落ちてて。
拾って帰って瓶にさした。
これで大好きな桜花がかぶりつきで楽しめます。

花も緑も好きなんですが、自宅では飾りません。
猫がもしゃもしゃやってしまうので、猫入室禁止の(倉庫みたいな)部屋にしか飾れないから、あんまり意味が無いので。

160405d.jpg
生まれて初めて身近で桜花を見る(見てない)クロネさん。
この後、もしゃもしゃしようとしたので桜は別室避難。

猫の居ない時だけ、仕事机に持って来て愛でる。
ところでこの蛙さんは、靖国神社の(遊就館の)売店で買いました。
ケロケロ。(鳴きませんよ?)
160405c.jpg

当たり前の話ですが、その内、桜花は散ります。
潔し、その有り様が好きではあるんですが、やっぱり愛でた物が散るのは寂しいなあと思うわけで。
散る前に何かしておきたい。遺しておきたい。写真じゃ物足らない。

よし、ペン画に描いて遺そう。
160405b.jpg
(ところでこの瓶、格好いいでしょ?
 昔、ファンの方から貰った量り売りのお酒の瓶なんです。
 中身飲んだ後も、形が気に入ってずっととっておいてある。
 表面の白い文字はお店の方が記入したようで。
 確かナツメヤシの蒸留酒を貰ったんだよね。ありがとうございました)


描けました。
160405a.jpg

前の記事で、過去のペン画批評で「タッチ入れ過ぎ!」って酷評したばかしなのに、今回も入れ過ぎた感が。
なんかしおしお感の強い桜に(笑)
まあいいや。
咲いて、楽しませてくれてありがとう。描かせて貰って、勉強させてくれてありがとう。
また来年も。
スポンサーサイト
  1. 2016年04月05日 13:04 |
  2. イラスト・ラクガキ