漫画家きむらひろきのブログ

大公開日誌

ペン画集通販開始のお知らせ+コミティア116報告

まずはお知らせから。
コミティア116に頒布した新刊の通販取り扱いを開始いたしました。

s02-01.jpg
「ぜんぶ手で描くペン画集 改訂版」
A4版オフセット16ページ ¥300-
詳細・購入は→こちら

すべての作品をアナログのペンまたは筆で描いた、モノクロのペン画イラスト集です。
過去出版本「ぜんぶ手で描くペン画集」の表紙と内容の一部を刷新した改訂版となります。
前作未収録のイラストの他、表紙と中身イラスト一点は本誌のために書き下ろしました。
※前作と全ての絵を変更した訳ではありませんので、その旨ご了承下さい。

収録作品見本
s02-02.jpg
これは2013年に「歩展」出品作として描いたものです。

s02-03.jpg
前作「ぜんぶ手で描くペン画集」の表4を飾った絵。

(営業の名刺代わりとして沢山刷ったので)今後のコミティアでも在庫の続く限り、頒布していく予定ですが、イベントに行かれる機会の無い方、興味を持たれた方は、是非通販をご利用頂ければと思います。
拙い作品ではありますが、どうぞよろしくお願い致します。

--------------------------------





以下、コミティア116報告です。
(記事を畳みますので続きからどうぞ)


そんなわけで、コミティア116、無事に終了致しました。
スペースにおいで頂いた皆様、足を止めて本を手にとって下さった皆様、ありがとうございました。

当日のスペースはこんな状態でした。
160505.jpg

前回のペン画集の在庫が切れてから暫く、卓上の最大版はB5だったんですが、今回ペン画集が復活しまして思ったことは、あ~やっぱりA4って、でけえなあああああ…と。
卓上に乗らないのですよ、正位置でお客さんに向けてだと。
で、今回(画面右側にある)しまや出版さん特製の簡易展示台「ダンダン段ボール」を初めて利用したんですが、苦肉の策として、そこに立てて置いてみたのです。
ホントはA5の本だけ立てるつもりだったけど、もう仕方なく。
で、ちょっときつきつな感じになったけど何とか収まったんで、こうして展示したら、逆に目に付きやすかったみたいで。やっぱり便利ですね、こういう立てられる展示台。
しまやさんのこれ、本と一緒に会場に直接搬入してくれるというので申し込んでみたんですが、軽いし便利ですよ。
(実は一カ所だけ、組み立てが解らなくて数十分悩んで脂汗掻いてたんですが、これは本当にアホな私の見落としのせいだったので、冷静になれば組み立てはかなり簡単でした。うん。本当にアホだった…)

前から言ってましたが、今回、ジャンルをこれまでのファンタジーから少年マンガに移動しまして。
なのに新刊がペン画集で、ポスターも表紙の絵だもんで、少々周囲から浮いてたんじゃないかな~とは思いましたが、まあ浮くのはいつもの事です(笑)
でも、これまでよりもより「漫画」が、出たように思えます。場所のことなど事情は色々あるから、一概にジャンルの関係だけとは言えないけど。

教えているふたつの学校の在校生や卒業生、沢山来てくれました。卒業生で、自ら参加している子が多かったのも嬉しかったなあ。
先生方も来て下さって恐縮でした。同僚の先生も参加されてましたが、スペースの位置があまりに遠くて、お互い訪ねていけなかった… こういう時に一人参加は、ちょっと不便ではありますね。トイレ行く時お店番してくれた卒業生君、ありがとう(笑)

これまでネットで交流があって、今回初めてお会いした方も何人か。お会いできて良かったです!嬉しかったです!と、とても喜んで下さって、何だか自分みたいなモンにホント恐縮です。でもこちらも凄く嬉しいです、ありがとうございます。照れ照れ。
出てる物全て一冊ずつ大人買いして下さる方も、今回多かった… 本当にありがとうございました。




コミティアから帰ると毎回、創作に対する感情が、一種の熱病の様な状態になってる事がままあるんですが、今回はそれが随分大きかったみたいで。
帰宅してからツイッターで呟いた一文が、

「コミティア終わって、今回ことさら強く感じるんだけど、やっぱり漫画描くの好きだなあ。
漫画描いて、世に出して、描き手と読み手の縁が様々な拍子に触れるようなところが好き。
プロとかアマとか、上手いとか下手とか関係ない話。
漫画好きだ。漫画描こう!」


こういう思いに至れることが、自分にとってのこのイベントの価値なんだろうなと思うのです。
次は8月。新作、まだどうなるか解らないけど頑張ります。
漫画好きです、漫画描きます。
スポンサーサイト
  1. 2016年05月08日 16:16 |
  2. 日記