FC2ブログ

漫画家きむらひろきのブログ

大公開日誌

pixiv脱会/歩展であったこと

かねてよりお知らせしていたとおり、本日10月1日、pixivを退会致しました。
理由という物がはっきりしているかと言えば、そうとも言い切れないのですが、少し身軽になりたいというのが正直な気持ちです。
ともあれ、沢山の方に絵を介して接して頂きまして、ありがとうございました。

絵を介した交流が好きかと思うと、最近の自分はあまりそうでも無いのかな、と思いながらも、pixivを利用してなかったら知り合わなかった方もいらっしゃいます。
以前の自分は今よりもう少し若く、自分から身を乗り出した時は割とズカズカ踏み込んでしまっていたので、ご迷惑をかけた方も居るんじゃ無いかなと今となって反省していますが、それでもお相手して下さって嬉しかったです。

企画に参加した事も二度ばかりあって、きっとこういう場で無いと描かなかった絵や、生み出さなかったキャラもありました。
でもそうして生まれたものが、今でも割と自分の中で深く根付いています。
pf02.jpg
pf4で考えた、顔の無い男「ダミー」(画像はpf7のものです)
pf01.jpg
pf7で考えた行商人「カンカク」

自分は普段考える事の無い設定の中でキャラを作ったら、ああ自分ってこういうの描けたんだ、と気がついたり。
それを観て貰えて褒めて頂けると、ああ自分もこういうの描いて良かったんだ許されるんだ、と安堵したり。
そういうことの出来る場所だったと思います。

今後、どこで作品を掲載していくか、まだ何も考えて居ないので、しばらくはここかツイッターかでの展示となると思います。
一ヶ所、ラクガキを収納する場所はこちら→「カラバコ」←に有りますので、載せ方が非常に雑ですが、よろしければ時々覗いて見て下さい。あまり更新は多くないですが。



そして先日、歩展が終了しました。
ご観覧頂きましてありがとうございました。

今年の展示作品
「五穀豊穣ノ竜、昇ル」(A3)
ayumi2016.jpg
疫病や飢饉を蹴散らして、豊作を呼び込む異形の龍神を描いてみました。
鹿児島県に伝わる「市来の七夕踊り」等をデザインのヒントとしています。
巻物の中の文字は、民謡の「こきりこ節」から引用しました。

実は期間中、この展示をご覧になった方から、ギャラリーの企画展のお誘いを頂きまして。
「Galleryころころ」さんにて、来年二月に開催される
「第四回 わたしの漱石展」
に、参加させて頂くこととなりました。
わたくし恥ずかしながら、漱石は全く読んだことがありませんで。
これから勉強でも良いのですか、とお伺いしたところご快諾下さったので、歩展のような学校絡みの企画でなく、こういった展示会への参加は初めてなので緊張したのですが、勇気を出して一歩踏み出してみることにしました。
漫画ではなく一枚の絵で、お声掛け頂いた事は初めてで、恐縮ではあるのですがとても光栄です。楽しく制作したいと思います。
企画に関しては、また改めて告知します。


歩展の搬入・搬出作業では、一年ぶりの旧友や、先生方と話せて嬉しかったです。
来年その時が来るまでなんとも言えませんが、それでもなんとなく、歩展参加は今年が最後になるかも知れない…と感じながら作業をしました。むろん、物事を最後に決めるのは自分自身なのですが。
終わりになりそうなもの、終わらせたもの、遠ざかったもの、遠ざけたもの。
新たに始めるもの、一歩踏み出したもの、道を選んだもの、変わらず続くもの。

今日から10月。また学校がはじまります。
スポンサーサイト
  1. 2016年10月01日 11:45 |
  2. 日記